マンモス ファーム

マンモス ファーム

栽培環境のこと

マンモスファームの畑は全て、ずっと耕作放棄されて来た土地を再生したものです。
今耕している3反の土地には砂質と粘土質という2種類の環境があり野菜ごとに作る環境を変えています。
淡路島は年間を通して温暖な気候ですが同じ島内でも場所や環境によって生育状況が変わります。
マンモスファームではなるべくこの自然環境に逆らわず野菜たちが生きる力を最大限に発揮できるよう「育てる」というよりは最小限の「サポート」をしています。
この地を理解し、移り変わる季節に敏感に対応しながら時には地面を這い蹲り、楽しみながら野菜たちと共に成長中です。

マンモスファームの畑は10年以上作物を育てていない
土地を1から耕して再び畑へと改良した畑ばかりです。

1度自然にかえることで栄養をたっぷり蓄えるだけでなく、
土地に残った農薬もなくなりニュートラルな状態の畑に
様々なカタチの野菜やエディブルフラワーを育てています。

今耕している3反の畑には砂質と粘土質という2種類の
環境があり野菜ごとに適した生育環境を与えています。

また、野菜たちを食べた虫達の排泄物が土壌にとって
は豊かな栄養源になります。

自然の生態系をそのまま維持した独自の農法で野菜
が本来もつ自然の美味しさ、美しさを引き出します。